そもそも独身貴族とは

独身貴族とは、「お金と時間の余裕があり悠々自適な生活を送っている未婚者」のことを指します。

既婚者の場合は、配偶者や子供のためにお金と時間を使うことが多いですが、こういった人は未婚なので、自分の好きな時に好きにお金を使えるので羨ましいと思われることも多くあります。

独身貴族の特徴

お金と時間に余裕がある

独身貴族の一番の特徴であり、メリットは「お金と時間に余裕がある」です。

学生の間は金銭的な余裕はあまりなく、社会人になると金銭的な余裕はあっても時間の余裕はない人が多いと思います。

しかし、順調に出世し、金銭的に余裕がある独身貴族が時間の使い方を覚えると好きな時好きな物が買うことができます。

仕事が好きで年収が高い

独身貴族は前述した通り、お金の余裕があります。それは自分の仕事が好きで誇りを持って取り組んでいるので、自ら進んで仕事をします。

の人より仕事をしているので出世し、年収も高いという特徴があります。

交友関係が広い

独身貴族は仕事が好きなので、ビジネス上の交友関係が多い傾向にあります。

そのため、結婚しなくとも寂しい思いをするが少なく、生活を送ることができます。

独身貴族が送る生活の実態

では、実際に独身貴族はどのような生活を送っているのか紹介していきます。

仕事や趣味に没頭している

先程、説明したように独身貴族が仕事が好きなので、平日は仕事に没頭しています。しかし、仕事だけでなく、車やジム、ゴルフなどの趣味に没頭する人も多いです。

既婚者は配偶者や子どもがいるので、趣味に時間を使う余裕はあまりありません。

独身貴族たちは自分で稼いだお金を趣味にたくさん使うことができるので、趣味に没頭します。

自由な恋愛をしている

独身貴族が結婚をしていないので、自由に様々な異性と恋愛をすることができます。

好みの女性にアプローチをしたり、複数の女性と関係を持ったりと既婚者には考えられない恋愛をして楽しんでいる人もいます。

大胆な挑戦ができる

結婚すると、配偶者や子供のために生活に安定を求める人も少なくありません。

独身であれば、やりたいことに挑戦するために転職を考えたり、もっと思い切った起業に挑戦してみたりと、大胆な挑戦をすることができます。

独身なので全ての責任を自分にあります。そのため、挑戦を決断しやすくなります。

独身貴族が寂しい・悲しいと感じる瞬間

病気になっている時

病気になると、看病してくれる人がいないので、体も気持ちも不調になります。

病気になった途端に誰かと一緒にいたいという気持ちになるので、寂しさを感じます。

孤独死を考える時

独身貴族も30代のうちは気楽でいいかもしれませんが、歳を重ねるにつれて「孤独死」という恐怖を感じることになります。

親戚や身近な人の死を見届け、死について考えた時に1人で生き続けるということは1人で死ぬということです。

このように「孤独死」を考える瞬間は寂しさを感じる瞬間です。

親からプレッシャーを駆けられるとき

親から「いつ結婚するの?」と圧をかけられた時に寂しさと悲しさを感じます。

特に兄弟がいて、弟や妹が先に結婚した場合はより寂しさを感じるでしょう。

まとめ

独身貴族の実態はいかがだったでしょうか?

時間もお金も余裕のある生活に憧れますよね。

将来について考えるきっかけになればいいなと思います。