結婚式というのは夫婦にとって特別な場所です。

その特別な場所を選ぶ時に何を基準に選ぶべきなのか。

後悔しない結婚式場の選び方と決め手を紹介していきます。

結婚式場選びで何を重視するのか

結婚式場を選ぶ基準として、ロケーションやアクセスなどありますが、最も多いのは「会場の雰囲気」です。

やはり、多くの人が一生に一度の晴れ舞台なので、良い雰囲気の会場で式を挙げたいと会場の雰囲気を重視するようです。

結婚式場の選ぶ際の5ステップ

ここからは結婚式会場を選ぶ5ステップを紹介していきます。

①理想の結婚式のプランを考える

まずやるべきことは「理想の結婚式のプラン」を考えることです。

どんなことがしたいのか、何人招待したいのか、予算がどのくらいかなどといった大まかなプランをお互いに考えることで結婚式場探しがスムーズに進みます。

どんな結婚式にしたいのか

ウエディングドレスを着たい、涼しい気候の中で行いたいなど、なんでもいいので結婚式のイメージを考えてみてください。

行いたい演出はあるのか

例えば「バルーンリリースを行いたい」と考えたとすると、テラスなどの屋上がある式場がいいななどと行いたい演出があれば会場は絞りやすくなります

②考えたプランが行えそうな式場を絞る

次のステップは①でイメージした結婚式が挙げられる式場を絞ります。

目星が付いている式場に電話で問い合わせる

元々知っている会場や気になっていた会場があれば、その会場に直接電話で問い合わせることで具体的なお話をしてくれます。

しかし、見積もりや空き状況などは教えてくれないことも多いので注意が必要です

式場検索サイトを使用する

Hanayume(ハナユメ)といった式場検索サイトがあるので、「気になる会場が特にない」「どんな会場があるのか自体知らない」という場合は活用してみてください。

➂実際に式場に訪れる

そして、②で絞った式場に実際に訪れます。

夫婦にとって大きなイベントですので、ちゃんと比較できるように複数(3~4件)の結婚式場を2人で訪れることをおすすめします。

見学時間が1会場大体3時間です。なので、1日かけて式場を見学することになります。

④訪れた中で良かったらもので何を重視するのか決める

式場見学をした中で、「この会場は雰囲気が良かった」のように何が良かったのかチャックすることが大切です。

式場へのアクセス

まずは、最寄り駅や空港からの距離や、送迎をしてくれるのかどうかなどゲストを迎えるにあたっての気遣いがあるか確認をしましょう。

ヒールを履く女性が多い、帰りは引き出物を持っているという点も考慮して選びましょう。

式場の雰囲気や演出

イメージした通りの雰囲気の会場なのか、行いたい演出がどのような形で行うことができるのかなどを会場の方としっかり話し合い、理想の結婚式ができるのか確認しましょう。

収容人数や提供される料理や飲み物

どのくらいゲストを呼ぶのかあらかじめ決めておき、その想定人数が入ることができるのか確認を取りましょう。そして、料理はフレンチ・和食・中華・イタリアンなど様々あるので、どのような料理や飲み物を出すことができるのか必ず考慮しましょう。

予算について

そして、予算に収まるのか「挙式は〇〇万円」「料理は〇〇万円」などとそれぞれの項目にいくらかかるといったように見積もりを出してもらいましょう。

そして、支払いの方法についても確認をしましょう。

ご祝儀払いやカードやローンなど様々な支払いに対応しているところもあるので、どの支払い方法が最適か決めましょう。

まとめ

いかがでしたか?

一生に一度になる結婚式なので後悔をしないために、時間をかけてしっかり選びましょう。